<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夜更けの森で

f0363983_02275223.jpg
夜更けの森で見つけたもの
重なるシルエット
この壁にあるのは
たくさんのひとの気配
寝そべるひと
羽根が生えたひと
おどけた動き‥
鉛筆で縁取る
横向きのひとが多い気がする
なぜだろう
明日は色をつけてみよう
何が見えてくるだろう









[PR]
by shokanshu | 2018-01-20 02:31

餅とコーヒー


そのまま眠ってしまった
今年の目標は睡眠
布団でちゃんと眠ること
ストーブの暖かさのまま
ホットカーペットにごろんとして
猫になった気分
今日は黒いワンピースだし、黒猫だ
なんて考えながら眠りに落ち朝を迎えた

ラジオからクラシック
チャイコフスキー 冬の日の幻想
湯を沸かして珈琲をいれる
プロコフィエフ 三つのオレンジへの恋
餅を焼く
今朝の餅はみそ餅 いただいた山形のお土産 くるみ入り
冬の朝ごはんは餅とコーヒー
珈琲をいれている間に焼きあがるのが嬉しい

伸びをした
と思ったら、そのまま眠っていた
ラジオは番組が変わって、女性の声
やわらかい 優しくて、はつらつとした声
ピーッピーッと洗濯終了の合図はすこし前に聞こえてた
窓の外は晴れ 洗濯日和だ
物干し場に猫は来てるかな
日を浴びて 目覚め
今日は何色の服を着よう


















[PR]
by shokanshu | 2018-01-18 10:16

休みの日

布団を干して
掃除機をかけて
また眠って
起きあがる

シャワーを浴びて
水を飲む
化粧をすると、目が覚める
気分転換に
今日はふわふわとウェーブがかった髪型に
(くせ毛なのでうまくいきます)
忘れていた好きなワンピースを引っ張りだしてアイロンがけ
久しぶりに着ると華やいだ気持ち
おしゃれ をしてみたくなる
色々やりだすと出かけられなくなるので
そこそこにして外へ出る

丸ノ内線
読みかけの本を開く
いくつかある読みかけの本
革命家の本は先日やっと読み終えた
今日向かうのは『カラマーゾフの兄弟』
以前読んで、読み返している
まだまだ 読み始め

銀座へ着いた
Kajimaで絵を眺めながら
先々の展覧会を思い浮かべる
思いがけず、お話ししてみたかった方にお会いできた
飛び交う 忘れたくない様々な言葉

埴谷雄高
死霊
不合理ゆえに吾信ず

生物のこと
馬に履かせていたわらじ
適応する 適応させる

江戸時代はなぜ戦が起きなかったか


皆さんと別れ、一人駅へ向かう夜の街
一瞬、どこへ行けばいいかわからなくなる

さっさと帰りなさい あたたかい家へ
帰りたいでしょう

着いたら熱いお茶をいれて
本を読もう
読みたい本がまた増えた









[PR]
by shokanshu | 2018-01-16 22:27

魔法のリンゴ

アールグレイに林檎の香り
袋を開けるとふあっと広がった
この香りは懐かしいもの
思い出すのは、兄と暮らしたアパートの台所
二十歳の頃
散歩の途中に見つけたミネルヴァ
ドキドキしながら選んだ紅茶

あの頃大切にしていたものは
小さな小さなガラスの瓶
素焼きでできてる黒い猫
桜の花びらを水に浮かべて
真っ白な雪に包まれた

授業をサボって練習したショパンはまだ弾けなくて
トランペットの音が遠く響く
いつまでもこどもで
いつのまにか大人で
浮かぶ景色に涙ぐむのは
いま、聴こえる優しいピアノと
まっすぐで透明な 歌う声

間もなく閉店の時間
今夜はゆっくり紅茶をいれよう











[PR]
by shokanshu | 2018-01-12 20:55

光の森

f0363983_01013153.jpg
夜更けのごはんを食べ終えて
今夜は店で版画をやる‥つもりが、ついついのんびり
わたしは休憩が多くて長い
ちあきなおみを聴き始める
壁の絵は、「雨に濡れた慕情」
「すきで別れたあのひとの
胸でもう一度甘えてみたい‥」
一緒に歌ってみたりして

この青い壁に
光を描く
「すきで別れたあのひと」を
優しい思い出にするのです










[PR]
by shokanshu | 2018-01-11 00:58

酒場は学校

仕事初め
喫茶εを心地好くスタート
終えて、展覧会初日
Gallery Bar Kajimaへご挨拶
遅い時間でわずかなお客さん
スピノザ、カント、ハイデッガー‥
哲学の話し
抽象的で、直接的な会話
さて、存在とは‥
わたしは聴講生となって耳を傾ける
「みんな、不安になって哲学しはじめるのでしょうか」と、わたし
「つめとぎみたいなもんだから」店主の加島さん
そうですね
爪、とがなかったらのびちゃうし
とぐことが大事‥

そんなことを考えながら、最終電車へ急ぐ
最寄駅までは届かず、二駅分歩く青梅街道
ピンと冷たい空気が心地好い
生ビールの軽やかな余韻
いいお散歩ができました

勉強したいな と思います
本年も、よろしくお願い申しあげます









[PR]
by shokanshu | 2018-01-06 00:16