f0363983_01515194.jpg



星についての言葉が増えてゆく

見たい星があって
だけどその星は見られないことになっている
真っすぐに見つめると、その星は姿を隠し
少しずれた所に視線をもっていくと
その輝きを感じることができる
何かの比喩のようだけど
実際にそんな星があるときいた
名前を何といったかな‥

灯りを一つ消して
星に近づく





























[PR]
# by shokanshu | 2018-04-19 23:33

小雨の降る空

f0363983_23333409.jpg




白 グレー
少しずつ青みがかって

家を出て道を行く
傘はまだささない
いつものこの道を懐かしく感じる
いつの記憶を重ねたのだろう

夢をみた
入り組んだ迷路のようなレストラン
(縦に入り組んでいる)
約束したひとを待たせている
行かなくちゃ と焦る気持ち
迷路はなかなか解けず辿り着けない
途中、親しい友人に出会う
焦っているのに、暢気におしゃべり
寛いだ気持ち わたしは暢気だ
友人と別れ、再び迷路に向かう
不思議と道がわかる
間違えることなくその席へ
そのひとは怒っていた
まるで違うひと
わたしはぼんやりと眺め
辿り着けたことを嬉しく思った


雨の降る音
傘をさしてみるか













[PR]
# by shokanshu | 2018-04-17 17:24

二度寝をしようと思ったのだけど
そうだ、今日は燃えるゴミの日
ゴミをまとめて
外に出るんじゃな‥と、適当な服に着替える
着替えついでに洗濯機を回しはじめて
玄関の扉を開けたら、朝の光!
取集所までは十歩くらいだけど
明るい光を浴びられた
手を洗う ついでに流しの洗い物を片付ける
洗い物はお風呂みたいだなぁ
お疲れ様!と泡立てたスポンジで食器をくるむ
そうだ、昨日は銭湯へ行けなかった
広々したお風呂に浸かって、固くなった身体をほぐしたい
帰り道の蚕糸の森で見とれたハナミズキ
お風呂屋さんへは間に合わなくなってしまった
今夜は行けるといいなぁ

布団をたたむ
パジャマは脱いでしまったし
すっかり目覚めの儀式を済ませてしまった
湯を沸かして珈琲をいれる
すこしピアノを弾いてみよう




f0363983_23350760.jpg















[PR]
# by shokanshu | 2018-04-13 09:32


蝋燭の火が消えて
蝋の匂いがする
これは、懐かしい匂い

店は今日から展覧会「さいかい」
女子美の同級生とのグループ展
二十歳の頃の自分に再び会う
夜更けの公園 トランペット
暮らした武蔵境のアパート
蝋燭の火 消えた蝋の匂い
桜 自転車(ハーレーダビッドソン)
雪の日のチョコレート

思い出す絵の具の匂いは今も日常にあって
6回の引越し 移動を続ける小さな雑貨たち
触れられる場所にいつだって「あの頃」はあるのだけれど
まざまざと思い出すことはあまりない

やわらかいトランペットの音がして

この機会に
しっかり向き合ってみようかな




f0363983_09100703.jpg





















[PR]
# by shokanshu | 2018-04-11 23:41

いつだって

今日しかないんだぞ
い ま
f0363983_00211438.jpg


そんな気持ちで描いていたら電話が鳴った
「明日は明日の風が吹く」と、明るい声
そうか
明日もあるんだ
なんか、いいな











[PR]
# by shokanshu | 2018-03-29 00:18