朝の台所で湯を沸かす
沸くまでの間にシンクの洗い物を片付けて
紅茶の葉っぱとビスケットを確認
ポットとグラスが一体になった器があったのを思い出す
アトリエ部屋で使うのにいただいたカップ
贈り主を浮かべた
しばらく会っていない
お元気かなぁ

洗い物をしながら、絵のことを考えた
お腹が空いてごはんを食べる
喉が渇いて水を飲む
寒いから服を着る、暑いから脱ぐ
そのことと
絵を描くことは違わない気がする
こどもの頃を思い出せばわかりやすくて
みんなお絵かきが自然だった
人間に備わっている欲求のひとつなのだという考えは、わたしだけではないと思う

みることはどうかな
絵をみること
これは、描くことほどには自然でないように思える
絵をみる
映画をみる
音楽をきく
本を読む
一歩向こうにあるもの
そこに
意志をもって、または思いがけずに
踏み込んでゆくもの
または包まれるもの
たっぷりとそこに浸れたときに
みることは描くことと同じになるのかな

絵は
みるひとと描くひとの
間にあるもの
描くひとも、描きながらみているから
描くひとは
描くひとであり、みるひとだ

そこに惹き込まれるきっかけはそれぞれにあって
接する面が、やわらかいといいなと願う
衝撃で惹きつけるのではなくて
気づくとここにいました
あれ、どうやって来たんだろ
わからないくらい自然なものがいいなと思う

そんな風に描きたい
そんな絵を
感じてゆきたいです









































# by shokanshu | 2019-03-15 10:17

惑星のこと

今日、重ねた色は黄色
緑を求めて
青い壁に黄色をのせた

黄色のイメージは?
太陽、昼間、それからこどもが浮かんだ
そういえば月も黄色だった
夜になって思い出した
今朝の絵画教室で出してくれた言葉は
「出発」
そんなイメージが湧くなんて
いいな、素敵だな

今日の服装は、緑色のワンピースに白いスニーカー
休憩時間に選んだ珈琲は「森の香り」
開いた手紙には、こどもができたと嬉しい報告
いま、かかっている音は 月の鳥
お餅を食べた
遠くから届いた、優しい玄米餅

今日、起きた出来事を
素直にそのまま汲み取ったらいいいのかも
一枚の絵ができるまで
その間に起こること


壁に重ねた色は黄色
緑を求めて筆を運んで
のせては削られ また削られて
青にゆっくり馴染んでゆく
月の鳥
せつない音がきゅうっとのびる
胸のあたりで聴いている気がした


‥あれ
惑星のことを書こうと思ったのにな




f0363983_10435144.jpg












# by shokanshu | 2019-03-14 20:45

ciao!

f0363983_10444608.jpg


たくさんのひと
それぞれの色
これまでとこれから
昨日は卒業式
節目の日は爽やかでした
伝えたいことと
話したい言葉
先生としてその場所にいて
だけど、わたしはわたし
いい先生でありたいと憧れはあるけれど
コジコジはコジコジ と、コジコジも言っていました
(近ごろコジコジ熱が高まっています)
素直な言葉を伝えたい
目指す誰かではなくて
たった今の
わたしの言葉

















# by shokanshu | 2019-03-13 23:53

幕があがる


f0363983_11350494.jpg

「この世の謎が、すっかり解ける夢を見た。」
帯に大きく書かれた言葉
これに惹かれて買ったわけではなかったとおもう
古本屋さんで見つけたのは、たぶん10年くらい前


今日は一日雨が降っていた
雨の日に似合うもの…
朝は、ゆっくりミルクを温めてロイヤルミルクティーなんて作ってみた
昨日焼いたスコーンを食べよう
余った生クリームを泡立てて、ホイップバターを作る
ふわりとした白いものをのせて、ハチミツもかけたりして
いやぁ、ご馳走だなぁ

雨の音をききながら
「雨の日はゴーサイン」という言葉が浮かぶ
いつからか感じていること
そう、雨の日に出かけると
いつもいい出逢いがあったから


鞄に本をしのばせて出かけた
いくつかの場所へ向かう途中に本をひらく
今日、そばにある 言葉のかけら
雨の街をゆっくり歩いた


18時を過ぎて辿り着いたのは、友人が働く珈琲屋さん
初めて訪ねたそのお店に窓はなくて(あるけど、柔らかな白い布で覆われている)
ささやかにそっとある扉
中の様子は見えないけれど
開かれるのを待ってくれているように感じる
わくわくする
傘をたたんで、扉を開けた

――茶色の世界にあるもの
珈琲の匂い
きこえるピアノ
静かな話し声
大事に使われている食器棚と机
やわらかな灯り
磨かれた透明のグラス
一輪の紅い花

珈琲とチョコレートをそばに
本の続きを読む
だんだんに夢中になるその内容はお芝居のこと
消えてしまうその一瞬に全力で向かうひとの言葉
珈琲をひとくち
チョコレートをひとくち
見える場所から消えていく
わくわくするのは
それが身体に入ってくるということ
ひとくち、ふたくち といただくたびに
身体は温まってゆくように感じた
ゆっくり過ごす時間のなかで
本を閉じて、時折店の中を眺めた
お客さんは絶えないけれど
穏やかな静けさは続いていて
ピアノの音に、珈琲をたてる音が重なる
いい音
水の音

懐かしい場所を思い出した
実家のそばの白い家
暮らしの雑貨が並ぶ店
10代のわたしは憧れの気持ちで訪れる
夜の灯りは温かくて
振り子時計の音がした
小さな買い物をする時間に
いつかの暮らしを大切に浮かべた

いまもそのお店はあるのだけれど
あの頃とは印象がすこし違っていて
お店も変わったのかもしれないけれど
わたしが変わったのでしょう
20年が経ちますからね
変わるもの 変わらないもの
思い出すこと

今日訪ねた茶色の世界は
10代の頃通ったあのお店
そこで出逢った匂いと気配
すっかり満たされて
開いた扉をそっと閉じる


帰宅して本を眺める
いつ出来た本なのかな
ページをめくる

1996年2月20日 発行

同じ月日が流れていた
















# by shokanshu | 2019-03-03 23:35

雨の日の窓辺

朝から雨が降っている
だんだん強くなってきているのは気づいていたけど
いくつか行くところがあるから自転車に乗ろう
コートのフードを被って出かける
フードを被ると思い出す曲があった
今日は久しぶりに聴いてみよう
雨降りにとても似合いそう

店に着いて開店準備
さっき浮かんだ曲とはべつの曲
田園のレコードを大きめな音でかける
どしゃ降りの場面をこえて
プリンが出来上がる頃には穏やかな景色

それからmoon riverを聴いたあと
フードを被って思い出した曲をかけた
静かなボサノヴァ
雨の窓辺によく似合う

おやつのプリンと珈琲をそばに
落語の本を開いてみた
「落語は物語を捨てられるか」そんな内容に触れてはじまる本
物語の語り手ではなく
落語家そのひとの言葉をききたい
‥そこまで読んだところでお客様がご来店
いくつかの想いを含んで
姿勢を正す

素直な言葉を見つけたい


f0363983_11392184.jpg






























# by shokanshu | 2019-02-28 15:16