ラムズイヤー

f0363983_20360124.jpg
いただいたお花は
予感のする花束
いつだったか、憧れの花屋さんへ行って
自分への花束を作ってもらった日を思いだしました
自分に とは言わないで
年齢や、「彼女」のイメージを伝えて
あれは誕生日だったのかな

ラムズイヤーという植物は
その名の通り
柔らかい手触りが心地好い
この柔らかさを描いてみたい
憧れながら
ちょっとあったかい気がする








[PR]
# by shokanshu | 2017-11-24 20:35

反省

f0363983_10033357.jpg
わたしはぼんやりしすぎです
庭の葉っぱはぐんぐん伸びています









[PR]
# by shokanshu | 2017-11-06 10:00

それを思いだそうとするよりも
たった今のこと
スピーカーから聴こえる すぐそばの声
言葉に触れる
日本語
ドラムの振動
ギターへの憧れ
夜が更けて冷えてきた
肩にかける青いストール
展覧会のこと
生えたての雑草 やわらかい庭
切り株

「あした天気になれ」
スピーカーから聴こえてきた台詞
そう、そう
あした天気になれ
朝の光が見たいんだ


f0363983_01450921.jpg













[PR]
# by shokanshu | 2017-11-05 00:57

いつかの贈り物

f0363983_21325822.jpg
店では古本市を開催中
本の背表紙をゆっくり眺め
『ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12ヵ月』
この本を見つけて母を思い出す

いつかのクリスマスプレゼント
同じ本ではないけれど
「ダメを直すには」「クズが治る本」
そんな内容の本を贈られたことがあった
冗談ではなくて、母は真面目にその本を選んだ
自分のダメさにうんざりしていたところだったので
包みを開けてそのタイトルを見つけたとき笑えなかった
似た内容の本を、母は兄にも贈ったかもしれない
ダメな私は本を開く気になれず
贈り物はどこへいったかな‥

今夜は母に
手紙を書こう








[PR]
# by shokanshu | 2017-11-02 21:32

爪を切る

f0363983_09290151.jpg
節くれ立って
しわしわ
細く華奢な白い手‥なはずもなく
ずんぐりとして、なかなか丈夫なんじゃないか
きっちりと爪も短くなって
余計なことは
もう考えない






[PR]
# by shokanshu | 2017-10-24 09:21