フォスフォレッセンス

くつくつと煮込みをしながら
太宰さんを読みたくなった
本棚の短編を手にとって
開くと
初めて読むような気持ちになった

起きている世界と
眠っている世界
毎日は夢のようじゃないかと思う
記憶
記憶も夢だ
確かにあったと感じるのだけど
触れることはできなくて
感覚 余韻
少しずつ薄らいでいくのが寂しい
過去は
消えないけれど
今がどんどん重なってゆくから
遠くなってゆくんだね

繰り返し聴いているレコード
針が上がった
ひっくり返す?
それとも
もう一度だけ、聴いてみようか









[PR]
# by shokanshu | 2018-03-26 00:15

La Vie En Rose

レコードをいただいて
和訳を調べる‥

When you kiss me heaven sighs
あなたが私に口づけするときは
神様だってため息をつく

こんなフレーズを見つけて
ドキドキしてしまった
トランペットで吹けるようになりたいなぁ

ふと 鏡を覗くと
疲れた様子の顔
いけない いけない
よれたファンデーションを拭って
化粧を直す
店はcloseしたし
デートの予定がある訳じゃない
自分のために化粧を直す

さっぱりして、目が覚める
シンクの洗い物の続きをして
更にさっぱり
化粧も洗い物も
心が整う

化粧をして
背筋をのばして
一人
食卓に厚い本を開く
彼女の仕事
翻訳に取りかかる夜

いつか観た映画の一場面












[PR]
# by shokanshu | 2018-03-24 23:22

制作場所は

f0363983_20580746.jpg


小さな祭壇











[PR]
# by shokanshu | 2018-03-22 20:57

きこえてくるのは

今日も 雨の音
目をとじて思い出す 耳元の声


「太陽に灼かれて」
ソビエトの映画を観た
(個展直前、余裕などないというのに)
賑やかで幸福な家
淡い色のブラウス、ワンピース
夏の光
水辺のボート

1930年‥
まだ100年も経っていない
その頃から続いている人生もあって
戦争 粛清
恐ろしいと感じる歴史の出来事は
すぐそばにあるもの

賑やかで幸福な家
暮らす人々の泣く声、笑う声
きらきらとした光の中で
それを脅かすものも、すぐそばにある
どちらも同じ場所にある







f0363983_11511138.jpg























[PR]
# by shokanshu | 2018-03-20 11:41

あなたに

f0363983_23451312.jpg




あなたに手紙を書こうと思ったのは

そうはじまったこの往復書簡は
わたしの知らないところ
思いがけない時間に
だれかに届いているかもしれない



お世話になっていた“パパ”が亡くなった
76歳という歳は
長いのか 短いのか
「これまで亡くなった人の数は、何億何人だそうです。
いま生きている人の数よりも
亡くなった方の人数のほうが遥かに多い。
生きている時間というのは、なんて一瞬のことなんでしょう。」
そんな内容の言葉ではじまった挨拶
父をおくった娘、先輩の声に耳を傾ける

お別れ会の会場には
懐かしい顔がいくつもあった
会おうと思えば会えるのに
いつから会えなくなったのだろう
みんなで駅まで歩く帰り道
いつかも一緒に歩いたんだ
スイカを抱えて歩いた夏の日もあった
憶えていないでしょう
また一緒に歩けて嬉しい
駅で別れる優しい笑顔
「あの頃」という時間があったんだなぁ






























[PR]
# by shokanshu | 2018-03-11 23:28