記憶のかけら

静かな朝
鳥の声がきこえた
部屋は薄明かり
カーテンは閉じているので朝日は見えない
ストーブの暖かさのなか横になっていて
寒さを感じないからか
夏休みの気持ちになった
鳥の声をききながら
この夏休みは子どもの頃かな


店の本棚に並んでいるのは
小説、画集、珈琲の本‥
いくつかの絵本から、昨日話題にあがったのはセンダック
ちいさな豆本
チキンスープ ライスいり
子どもの頃家にあってよく読んで、だけど全然意味がわからなくって‥
そんな風に話しかけてくださって
ああ、そのひとの記憶と店の一部がいま重なったんだ
そのことに嬉しくなる

店に訪れてくださる方々は様々
男のひと、女のひと、おじいちゃん、おばあちゃん、こどもたち、赤ちゃんを抱いたママさん‥
みなさんそれぞれに毎日があって
店という場所で時間が重なる
一休みの時間に
ささやかに記憶が重なることがあって
それは
店に置かれるもの、流れる音楽、壁の色
日暮れの光、珈琲の名前、お菓子の焼ける匂い
きっかけはそれぞれに違う
いま 思い出すこと


年内の営業は今日でさいご
どんな一日になるだろう




































# by shokanshu | 2018-12-29 08:30

波の音を聴く

そんなタイトルの絵を以前に描いた
今日は絵ではなくて織物
いつかの夏の海を浮かべて
ターコイズブルーに近い色を選んで
昼の眩しさから夜へ
波の向こうの街の灯り
続く海
べつの海岸では遠くの花火を眺めた

外国はどこへ行きたい?
そうきかれて
アフリカ、エチオピアに行きたいと答えたのだけど
もうひとつはフランス
南仏、Villfranche-sur-Mer
23歳のとき、初めて海外へ行った
一人旅
一人で歩いた小さな海岸
いま、もう一度訪れたなら
どんな気持ちになるのだろう
行ってしまえ! と勢いで出かけた旅は
ひとりの自由さ 大冒険
だけど結局、後半は寂しくて泣いていた
今度はだれかと一緒に来たいな
また来るからね! そう心で叫んで帰国した

また行けるかなぁ‥












# by shokanshu | 2018-12-27 23:23

ところで

週にいちど通う場所ができました
ところで という名前の店

by the way

扉を開けて、灯りをつけて
カウンターをきれいに拭いて
ちいさな植木を並べる
背伸びしてやっと届く棚には、きれいな瓶が並んでる
アメリカ、カナダ、アイルランド、スコットランド、日本‥
さとうきびのお酒を眺めるとキューバを浮かべ
ドイツのハーブリキュールは、風邪薬にいただいた夜を思い出す
昨夜の甘いお酒は、実家のそばの、いつかのお店

ところで

お酒は、懐かしく思い出されるもの
それから
いまを親しくしてくれる場所



f0363983_17321192.jpg



















# by shokanshu | 2018-12-25 17:32

昨日と今日と

f0363983_02074846.jpg



昨日と今日と
それから明日への憧れ

昨日の気配は近くにあって
余韻のなかで今日を過ごす
明日への期待
その先は夢かな

まいにちのこと



















# by shokanshu | 2018-12-24 02:17

Villefranche

Villfranche-sur-Mer


f0363983_01161008.jpg












































# by shokanshu | 2018-12-19 23:47