浮かぶ鳥カゴ

日が暮れるのが早くなった
今日は3時前にもう夕暮れの雰囲気
表にさげている鳥かごの影が入口の壁に映った
鳥かご
これは高校生のとき友人からいただいた誕生日プレゼント

街の川沿いにある雑貨屋さん
階段を上がって透明のカーテンをくぐる
入口の棚には様々なハーブティーが並び、いい香りがする
いくつかドキドキしながら試した
試験前には、集中力があがるというレモングラス
美しさに憧れた日には、ビタミンCたっぷりのローズヒップ
店の奥へ進むと
グラス、お皿、シンプルな食器が並ぶ
いつかの一人暮らしをわくわく浮かべた
白が基調のお店
友人はここで鳥かごを選んでくれた


今から7.8年前に浮かんだ景色がある
森を拔けると
ぽっかり空いた、芝生の広がる場所
その真ん中にあるドーム型の建物
これが友人にもらった鳥かごと似ている
それから、学生の頃油彩で描いたモチーフにも似てる
それは小さな木が植えられたテラリウム
ガラス張りの建物
「あなたはそこでみんなを待つの」
先生にもらった言葉を信じている
ガラス張りのテラリウム
枠の大きな鳥かご
そこでわたしは土を耕し
木を育ててる



f0363983_10213695.jpg










# by shokanshu | 2018-11-28 22:05

壁は生きてる

青い絵の具をぐんぐんのばした
白い絵の具で‥と思っていたのたけど使いきっていた
フタロブルーとウルトラマリンが大量にある
青で‥描いてみるか
白を待つよりとにかく今描きたかった

大きな壁に色を大きくのせる
太い筆をぐーんと動かす
気持ちいい
なんて気持ちがいいんだろう

春からずっと絵の具が使えないでいた
色で考えることを難しく感じて
いや
それ以前に絵を描くこと自体が飲み込めなくなっていた
小さな頃から描くことが好きだった
だけどどうにも不自然に思えてしまう
乱暴な言い方をすれば
作品をつくることは粗大ごみをつくることなんじゃないかということ
余計なものを大量につくっている
お米を作るほうがずっとずっとよい気がした

音楽がいいなと思った
まず、ごみが出ない
触れられない、残らないけれど
一瞬で空間を変える
その場を包みこむことができる
そして
すぐに反応があること
鍵盤に触れたら、その音がすぐに返ってくる
優しく弾いたなら
優しいその音がたった今に現れる
絵も、きっとそうなのだけど‥
どうにも飲み込めなくなってしまった
しばらく困っていたのです

ほんとうは困ってません
描けないなら描かなくていい
決まった展覧会の予定があったので、そのことは困っていましたが‥

描きたくないので
しばらく描かずにピアノやギターに触れていました
その音 この音 確かめる時間にほっとした
とはいえ
展覧会の約束は守らなければ
いま わたしに何ができるのだろう
描く ということ

ようやく始まったのがデッサン
黒いボールペン
消せない素材で描いていく
目についたものを
ひとつひとつ描いてゆく
ここにあること
ここにいることを確かめる
鍵盤のドを確かめるみたいに
ボールペンの先で目の前の世界に触れてゆく
描けば描くほど
描くところが見つかる
終わりはなくて
そのうちに紙は真っ黒に
何を描いたのかもわからない
だけどわたしはほっとした
ここにいることを確かめられたから


店の壁はいま真っ青
これまでに描いた白や黄色、奥には赤もある
色を感じて進める画面
これは
ここにあることを確かめるというより
どこかへ向かう時間かもしれません
壁に向かうと、たくさんの景色が浮かびます
そのときに流れる音楽や光によって印象は大きく変わる
今日出会ったひとの気配によっても
ん、これはデッサンや他の絵も一緒かな

さて さて
一年かけて
絵を描いてゆこうと思うんです

余計なことを続けてみようと思ってます



























# by shokanshu | 2018-11-24 23:17

夜更けのコーヒー

喫茶店で働いていた頃
(いまもそうですね)
23時に仕事を終え
それから向かう珈琲屋さんがありました
「これから伺いたいのですが‥」
電話をしてから向かう
とても濃いデミタス珈琲には優しい名前がついていて
ちいさなカップにゆっくり向かうひとときは
少しずつ
好きな自分を思い出してゆく時間だった気がします

働いていた喫茶店が大好きでした
学生の頃からのお付き合い
うっとりと過ごす日もあり
チャキチャキ手際よく動く日もあり
みんなで仕事する楽しさと難しさ
色々な気持ちを学びました
いまはひとり
この場所での仕事はわたし自身
日々の在り方がまっすぐに返ってくるように感じます
投げかけた手紙のお返事を
日々いただいています
ひとり対ひとり
そんな風に目の前に向かう毎日です


オールド珈琲をゆっくり飲みました


f0363983_02142449.jpg














# by shokanshu | 2018-11-22 23:11

月を編む

雨の音をききながら
















# by shokanshu | 2018-11-20 01:10

映画の途中

通りが青く染まってゆく
行き交うひと
時折賑やかな声が過ぎて
自転車を止める音
バイクの走る音

店の中で続くのはサティ
鬼火という映画を思い出したり
この場所も
ずっと映画が続いている



f0363983_23330373.jpg

































# by shokanshu | 2018-11-17 16:39